本文へスキップ

イベント案内

   


発達協会実践セミナーのお知らせ


E 読み書き・算数障害の指導

内容:読み書き・算数障害-学習障害-は、脳機能の障害と考えられています。脳機能の障害だからこそ、指導者には子どもの認知特性を把握し、子どもに合わせた指導をすることが求められます。読み書き・算数障害のメカニズムをふまえた指導法を、ICT教材の活用、視覚認知のつまずきへの対応等を含め、幅広く学びます。

日時:7月31日(火)~8月1日(水) 

講師: 小池 敏英先生 (東京学芸大学)
     本多 和子先生 (医療法人 昌仁醫修会 瀬川記念小児神経学クリニック)
     熊谷恵子先生(筑波大学)
 

N 脳の働きに配慮した指導の実際

内容:神経心理学の視点から脳の働きを理解した上で、ワーキングメモリ、実行機能、視覚認知といった各認知機能に見られる弱さとその支援について、事例とともに学びます。

日時:8月8日(水)~9日(木)

講師:坂爪 一幸先生 (早稲田大学)
    梅田 英子先生 (特別支援教育士)
    池田 吉史先生(上越教育大学)
    河村 暁先生 (発達ルーム そら)

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20
《定員》約300名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各14,040円(税込)(会員12,960円(税込))




喉頭摘出および喉摘後リハビリテーションについての集学的アプローチ GPRJ 2018


日時:2018年6月16日(土)10:00~18:00  受付9:30~

会場:がん研有明病院 吉田富三記念講堂(東京都江東区有明3-8-31)

対象:医師/看護師/言語聴覚士

参加費:無料

定員:120名(申し込み先着順)

主催:がん研有明病院 頭頸科




日本離床研究会主催 第8回全国研修会・学術集会のお知らせ


内容:新年度の診療報酬に「早期離床加算」の新設が発表され、早期離床の重要性は増すばかりです。しかし、やみくもな離床は患者さんの急変を招いてしまうことも…本大会では全国が離床に取り組む流れの今こそ、安全かつ確実に離床するための対策について徹底的にディスカッション。離床についておおくを学ぶことができる欲張りな1日を約束します

日時:2018年6月16日(土)9:30~16:30

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都)

大会長:中木 哲也(金沢医科大学病院)

受講費:9,800円(税込)

申し込みはホームページ( http://www.rishou.org/)からお願いします



日本離床研究会教育講座のお知らせ


Ⅰ.誰も教えてくれないコツがここにある!フィジカルアセスメント完全攻略セミナー
内容:特別な機器はなくとも眼・手・耳を最大限使った評価の方法を、実技を交えて徹底的に学びます
    1.呼吸不全を見逃すな!胸部の視診・触診の基礎
    2.検査データがなくても行える視診・触診による脱水・心不全の評価
    3.腸閉塞を見逃すな!腸蠕動音の聴診
    4.この患者さんの機能レベルはどれくらい?寝たままできる動作能力予測 ほか

日時:2018年5月12日(土)14:30〜18:30
2018年5月13日(日)10:00〜16:10
会場:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1−1)
講師:黒田 智也先生(日本離床研究会)ほか
受講費:2日間 16,800円 (税込)
定員:100名


Ⅱ.苦手を克服!酸素療法・人工呼吸器の基礎と呼吸アセスメント
内容:メディカルスタッフ必須の知識をすべて”臨床のコツ”で学ぶ実践プログラム
    1.X-P画像から理解する呼吸の解剖・生理
    2.酸素療法と加湿
    3.複雑な計算はしないで理解する血液ガスデータの読み方
    4.人工呼吸器の基礎知識
    5.NIPPVの基礎知識
    6.無気肺・肺炎を予防するための体位変換・離床

日時:2018年5月18日(金)10:00〜16:10
会場:レイアップ御幸町ビル(JR静岡駅より徒歩3分)
講師:曷川 元 先生 (日本離床研究会学術研究部)
受講費: 9,800円(税込)


Ⅲ.肺炎時の呼吸ケアと早期離床戦略
内容:呼吸器合併症の病態を理解し、ケアの根拠を学ぶことで、必要な臥床期間を正確に見極め、
    積極的な離床へと導くことのできる臨床家を育成します
    1.肺炎の病態と治療について知ろう
    2.人工呼吸器からのウィーニング・VAP予防と関連ケアのポイント
    3.肺炎時の体位変換と早期離床「守り」と「攻め」の実際

日 時:2018年6月23日(土)10:00~16:00
場 所:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1−1)
講師:曷川 元 先生(日本離床研究会 学術研究部)
   原田 博雅 先生(八尾徳洲会病院 呼吸器内科)
受講費:9,800円(税込)

上記3件の申し込みはすべてホームページ( http://www.rishou.org/)からお願いします
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585




2018年 第7回スペシャルオリンピックス 日本夏季ナショナルゲーム・愛知ボランティア募集


内容:スペシャルオリンピックスとは、知的発達障がいのある方たちに様々なスポーツトレー ニングとその成果の発表の場である競技会を提供している国際的なスポーツ組織です。「日本夏季ナショナルゲーム・愛知」の聴覚部門において健康チェックにご協力いただけるボランティアを募集しています。

日時&会場:2018年9月22日9:00-15:00 会場:日本ガイシフォーラム
        2018年9月23日9:00-16:00 会場:スカイホール豊田
       ※両日またはどちらか一日のみでも参加可能です

活動内容:健診(全アスリートへの他覚的聴力検査:OAEの実施等)、会場設営・撤去等 
      ※健診はスクリーニングが目的の簡単な手順になっており普段聴覚領域の業務をしていない方でも実施には問題はありません。健診前に会場にて研修を実施いたします。

申し込みはこちら   締め切り後も追加募集中です!

詳しくはこちら




International Velopharyngeal Dysfunction Symposium


Topics:State of the Art in VPD Outcomes Assessment
     Strategies for Achieving Valid and Reliable Perceptual Speech Judgments
     Approaches for Optimized VPD Imaging
     Surgical Management of VPD in 22q11.2 Deletion Syndrome
     Quality of Life in Patients with VPD
     Speech Therapy Approaches for Children with VPD

The date:Will be held at The Grand Event Center, 820 Goodale Blvd, Columbus, Ohio 43212 on September 14-15, 2018.

URL:http://www.nationwidechildrens.org/international-velopharyngeal-dysfunction-symposium

The program




第4回日本ディサースリア学術集会のお知らせ


大会テーマ:ディサースリアと摂食嚥下障害を同時に治療する技能を身につける

会期:2018年7月15日(日)~16日(月・祝)

会場:日本教育会館(東京都千代田区) 神保町駅より徒歩5分

プログラム:特別講演,シンポジウム,治療技術セミナー,実践セミナー,一般演題等
       *本学術集会の事前参加登録はオンライン登録での受付になります

学術集会事前参加登録フォーム https://goo.gl/forms/MaEAU21Szd2SZqd22
学術集会の詳細は下記ホームページをご確認ください
学術集会ホームページ http://www.dysarthrias.com/meeting/index.html




 日本離床研究会教育講座

詳細はhttp://www.rishou.org/ をご確認ください。

問合せ:社団法人 日本離床研究会事務局 


愛知県言語聴覚士会 事務局ビルダークリニック

〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田3-27-11
日本福祉大学中央福祉専門学校内
FAX 052-339-0201