本文へスキップ

イベント案内

   


日本福祉大学中央福祉専門学校同窓会 卒後研修会特別講演会のお知らせ


内容:学術発表会 6例
   特別講演Ⅰ「発達障害児の評価法~学校では習わなかった検査を中心に~」
        大岡治恵先生(日本福祉大学中央福祉専門学校)
   特別講演Ⅱ「新版 失語症構文検査の分析方法と訓練立案について」
        國友晴洋先生(日本福祉大学中央福祉専門学校)

日時:平成30年3月18日(日)13:00~15:45 受付:12:30分より

会場:日本福祉大学中央福祉専門学校 5階

参加費:同窓会会員無料 非会員1,000円

定員:100名

申し込み:日本福祉大学中央福祉専門学校 言語聴覚科 担当:國友
     FAX 052-339-0201 E-mail:kunitomo@n-fukushi.ac.jp

詳しくはこちら




岐阜県嚥下障害研究会より研修会のお知らせ


Ⅰ.平成29年度第4回研修会

内容:発表20分
    ➀「最期まで食支援を行うための方向性とは?」
      伊藤ひとみ(特別養護老人ホームほほえみ福寿の家歯科衛生士)
    ②「在宅で摂食嚥下評価を行ったアルツハイマー病の1例」
      安田順一(朝日大学歯学部口腔病態医療学講座障害者歯科学分野)
    ③「多系統萎縮症(MSA-P)による振戦に対し有用なスイッチの検討」
      坪井丈治(国立病院機構東名古屋病院言語聴覚士)
    講演90分
    「頸部聴診法の実際」講義と実習
      大野木 宏彰先生 (小笠原訪問看護ステーション 言語聴覚士)
        *各自聴診器と飲み物(ペットボトル)をご用意ください。
          ゼリー、スプーン、ストロー等は研究会で準備いたします。

受講費: 会員500円 非会員1,500円(当日徴収)

日時:2018年3月10日(土)13:30〜16:30

会場:朝日大学 5号館1階513号室( 岐阜県瑞穂市穂積1851−1)

詳しくはこちら



Ⅱ.平成30年度第1回研修会

内容:「食べるをサポートするための包括的スキル」
    小山珠美先生 (NPO法人口から食べる幸せを守る会理事長 JA神奈川県厚生連伊勢原協同病院摂食機能療法室看護師)

日時:2018年4月14日(土)13:30〜15:30

会場:朝日大学 1号館3階 第4大講義室( 岐阜県瑞穂市穂積1851-1)

定員:150名

参加費:会員・朝日大学関係者・学生無料 非会員1,000円(当日徴収)

詳しくはこちら


上記研修会の申し込みは、事前申し込みをお願いします。
申し込み先:〒505-0301岐阜県加茂郡八百津町八百津1286-7
       岐阜県嚥下障害研究会第1回研修会係
       FAX:(0574)43-1320
       E-mail:gifukenengesyougaikenkyukai@yahoo.co.jp



平成29年度なごや在宅医療・介護連携フェスタのお知らせ


内容:高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できる仕組みづくりについて考え、市民の皆さまに在宅における療養生活をより身近に感じていただくための取り組みとして、在宅医療への取り組みについてのお話しや福祉用具の体験、在宅医療相談などを盛り込んだ「なごや在宅医療・介護連携フェスタ」を開催します。

日時:平成30年3月10日(土)10:00~17:00

会場:オアシス21 銀河の広場

主催:一般社団法人名古屋市医師会 名古屋市

愛知県言語聴覚士会としてブース出展予定 ぜひご来場ください

詳しくはこちら




日本離床研究会主催 教育講座


Ⅰ.脳卒中患者の疑問がスッキリ晴れる! とっておきの検査・データ「マル秘」判読講座

内容:本講座では星の数ほどある検査項目や薬剤の中から、臨床でスグ使える項目に厳選し、ベテランに読み解きのコツを学びます。
1.脳画像(CT・MRI・MRA) 2.血液データ 3.薬剤 4.症例検討

日時:2018年3月17日(土)14:30〜18:30
    2018年3月18日(日)9:50〜16:10

会場:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1−1)

受講費:2日間19,800円 (税込)


Ⅱ.「実践!離床技術入門」これができなきゃ始まらない!

内容:実技で実感!離床技術を一連の流れで学べるプログラム
1.ポジショニングのポイントはココ!もう肺炎にしない!拘縮・褥瘡を作らない!
2.あなたの介護が患者さんを悪くしている!?驚くべきメカニズムとは?
3.合併症を減らすために絶対知っておきたいテクニック
4.ひとりでは無理な場合に使う便利なワザと臨床で役立つ介助用具

日時:2018年4月15日(日)10:00~16:10

会場:名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1−1)

受講費:8,400円(税込)


Ⅲ.自分の脳も変えられる脳卒中セミナー

内容:この講座では、養成校ではなかなか学ぶことのできなかった、脳卒中患者における全身状態把握の仕方と共通言語での表現の方法を徹底的に学びます。
1 脳圧管理と血管支配領域からヒモ解く脳神経の基礎
2 画像を診れば病態がわかる!~CT・MRI・血管造影の読影法~
3 肩関節亜脱臼・褥瘡・誤嚥性肺炎など、合併症をシャットアウトする片麻痺患者ポジショニングのポイント
4 脳出血・脳梗塞・くも膜下出血 疾患別にみた早期介入のタイミングと離床の進め方
5 ベテランから学ぶ!離床していい症例・悪い症例の相違
6 実は病態を悪化させているかも!?脳卒中患者の離床NG集
7 前もって知っておけばスゴク安心!急性期脳卒中リハありがちなトラブル対策

日時:2018年4月23日(月)9:50〜16:20

場所:金沢商工会議所(金沢市尾山町9−13 香林坊北側 南町交差点すぐ)

受講費:12,800円 (税込)


上記3つの詳細および申し込みホームページ:HP: http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585




第8回県民公開シンポジウム いつまでも食べる楽しみを支えたい~食のバリアフリーについて考える~


内容:シンポジウム
「施設でのバイキング形式の食事提供の試み」 小島真由美(社会福祉法人春日井福祉会・管理栄養士)
「新しい支援の試み」 長縄弥生(愛知県がんセンター中央病院・歯科衛生士)
「食べることをあきらめない!」 荒井里奈(ツバメの会)
「医療・介護の現場の取材を通して」 安藤明夫(中日新聞社・編集委員)

日時:平成30年3月18日(日) 13:00~16:00

場所:愛知県がんセンター中央病院 国際医学交流センター メインホール

定員:300名 入場無料

主催:公益社団法人 愛知県歯科衛生士会

詳しくはこちら




ICPF2018;12th International Cleft Lip and Palate Foundation(第12回 国際口唇口蓋裂協会学術集会)


開催地:ドイツ ライプチッヒ

会場:KONGRESSHALLE am Zoo

開催期間:2018年4月19-21日

演題登録締切:2018年1月15日

Early Bird:~2018年1月31日

詳しくはこちら(ホームページ)




平成29年度 地域医療介護総合確保基金に基づく愛知県委託事業
 地域リハビリテーション専門職 介護予防指導者育成事業第2回全体会


内容:介護予防指導者育成事業に関する第2回全体研修会を実施いたします。
   <プログラム>
   市町村を対象としたアンケート調査結果および地区研修会における検討事項について
   3年間の地域リハビリテーション専門職 介護予防指導者育成事業に対する総括
   地域包括ケアシステム構築に向けた全国的な動きおよび各協会の方向性について

対象:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、各市区町村・保健所の介護予防事業担当者の方、地域包括支援センター職員等その他の介護予防に携わる職種の方

日時:平成30年2月18日(日) 13時~16時

場所:鯱城ホール

定員:500名

参加費:無料

申し込み・詳細はこちら




2017年度 発達協会春のセミナーのお知らせ


A 「吃音や場面緘黙のある子どもの育ちを支える-「話したいのに上手く話せない」子への対応」

1.発音が未熟な子への支援-機能性構音障害への保育・教育の場での対応
  三木江理奈 (個別学習エイル/言語聴覚士・中学校、高等学校 国語科教員)
2.吃音のある子の育ちと支援者に求められる対応
  小林宏明 (金沢大学/心身障害学博士)
3.場面緘黙のある子への理解と支援-自閉症スペクトラムとの関連も含めて
  高木潤野 (長野大学/臨床発達心理士・教育学博士)

日程:2月3日(土)


C 「発達障害・知的障害のある子を持つ、保護者への理解を深める-心の不調についての知識も含めて」

1.保護者面談を充実させるポイント
  藤原加奈江(東北文化学園大学/医学博士・言語聴覚士・臨床心理士)
2.保護者の不安と葛藤を理解する
  岡田俊(名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科/日本精神神経学会専門医・指導医、精神保健指定医、精神保健判定医、臨床心理士)
3.保護者の心の不調を支える
  岡田俊(名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科/日本精神神経学会専門医・指導医、精神保健指定医、精神保健判定医、臨床心理士)

日程:2月4日(日)


J 自己認知への発達支援-「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をする子への対応

1.なぜ「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をするのか-認知の歪みへの理解
  松浦直己 (三重大学/学校教育学博士・医学博士・言語聴覚士・学校心理士SV・特別支援教育士SV)
2.自分を肯定できるようになるために-認知行動療法を用いた自己認知への発達支援
  松浦直己 (三重大学/学校教育学博士・医学博士・言語聴覚士・学校心理士SV・特別支援教育士SV)
3.発達障害のある子の育ち-見通しを持った支援をするために
  石﨑朝世(発達協会王子クリニック/医学博士・医師)

日程:2月25日(日)


☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHP をご覧ください。
★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
・電話:03-3903-3800   Fax :03-3903-3836
・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《時間》各日10:15~16:20
《定員》約250 名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各9,050 円(税込)(会員8,220 円(税込))




第4回日本ディサースリア学術集会のお知らせ


大会テーマ:ディサースリアと摂食嚥下障害を同時に治療する技能を身につける

会期:2018年7月15日(日)~16日(月・祝)

会場:日本教育会館(東京都千代田区) 神保町駅より徒歩5分

プログラム:特別講演,シンポジウム,治療技術セミナー,実践セミナー,一般演題等
       *本学術集会の事前参加登録はオンライン登録での受付になります

学術集会事前参加登録フォーム https://goo.gl/forms/MaEAU21Szd2SZqd22
学術集会の詳細は下記ホームページをご確認ください
学術集会ホームページ http://www.dysarthrias.com/meeting/index.html




平成29年度 西尾張小児在宅医療講習会のお知らせ


◆注意◆ 尾張西部医療圏(一宮市、稲沢市)に勤務されている方が対象となっています
その他地域の方が対象となり得るかはわかりかねますので、個別に確認をお願い致します。


内 容:講演1 愛知県の障害児(者)医療の現状
     講演2 病院における周産期医療と小児在宅医療
     講演3 小児在宅医療における訪問看護師の役割
     講演4 重症心身障害児者施設の機能
     講演5 障害児と福祉制度
     講演6 障害児と相談支援体制
     講演7 医療的ケアの実際(胃ろう・気管切開)

日 時:2018年2月24日(土) 14:00~18:00

場 所:一宮市医師会館 2階大会議室

参加費:無料

定 員:200名 定員以上の申し込みがあった場合は抽選

申し込み締切:2018年2月2日(金)

申し込み&詳しくはこちら





2017年度CRASEEDセミナー開催のお知らせ


【Ⅰ.呼吸理学療法実践セミナー】
日程:2月24(土)・25日(日) 10:00~16:00

会場:兵庫医療大学

講師:眞渕 敏先生 森沢 知之先生 笹沼 直樹先生

参加費:12,000円

詳しくはこちら

申し込み:CRASEEDホームページのセミナー申込み専用フォームより


【Ⅱ.西日本公式第18回 ADL評価表FIM講習会】
日程:2月18日(日) 10:00~13:00

会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター

参加費:12,000円

詳しくはこちら

申し込み:CRASEEDホームページのセミナー申込み専用フォームより


【Ⅲ.脳卒中リハビリテーションの達人になるために】
日程:2月17日(土) 10:00~16:00

会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター

講師:道免 和久先生

参加費:12,000円

詳しくはこちら

申し込み:CRASEEDホームページのセミナー申込み専用フォームより



 日本離床研究会教育講座

詳細はhttp://www.rishou.org/ をご確認ください。

問合せ:社団法人 日本離床研究会事務局 


愛知県言語聴覚士会 事務局ビルダークリニック

〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田3-27-11
日本福祉大学中央福祉専門学校内
FAX 052-339-0201